センスが光るパネライベルト


パネライベルトというキーワードが一般的に浸透し始めたのは今年の中頃からだろうか?勿論、知る人はむ何年も前から着目して愛用してきたのだろうが私がパネライベルトの存在を知ったのはその頃です。

腕時計に求める付加価値が単に時間の確認と精度だけならば誰も高価な金額を投じてまでパネライの用な腕時計は買わないだろう、私の場合は「買わない」のではなく「買えない」のですが…。

つまりパネライベルトを求める人はパネライの腕時計を愛用している人で且つ、時間の確認以外の価値観で単なる腕時計としてだけでなくそれ以上の愛情であったり、好奇心やアピール性など何らかの価値を見出してパネライベルトを購入するのだろう。その訳を考えてみました。

パネライの腕時計はベルトやバックルなど交換が出来るところがとても嬉しい点だと思っています。加えて本体の腕時計が最高級の精度を誇りアナログだというところに熱いものを感じます。

腕時計に限らず人が夢中になる理由は共通で、遊び心があって他の人と差別化出来るアイテムというのが世の常です。そういった事から考えてもパネライベルトやパネライの腕時計はマニアの心を繰るエッセンスの塊の様な素敵なアイテムですね。

楽天ウェブサービスセンター
powered by WebApi2


出会いが無い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。